手打ち、生パスタのイルグラーノ製麺所。真の生パスタとは?職人が手作りするイタリア伝統の味をご賞味ください

イタリア伝統の生パスタとは? Il tradizionale pasta fresca

イタリア伝統のパスタは他のパスタと何が違うのか?製造過程を見ていただきながら説明しましょう。
※ここではフェットチーネを例に説明させていただきます。

まず、小麦粉と卵の攪拌からスタートします。用いる小麦粉は「春よ恋」をベースにした独自配合の小麦粉です。

攪拌し終わった状態の生地です。

攪拌が終わった生地を手でこね、鍛え上げます。これがいわゆる「手打ち」のシーンです。

よく鍛え上げた生地ですが、この時点ではまだよくこなれていないので、熟成室で一昼夜寝かせ熟成させます。

熟成室で一昼夜寝かせた生地を取り出し、麺棒で延ばしていきます。

延ばした生地をナイフで切り分けます。

パスタマシンを手回しして仕上げ延ばしします。

延ばしきった生地を干して表面を軽く乾燥させます。

表面の乾燥が終わったら、作業台に置いて、打ち粉をします。

フェットチーネはパスタマシンを手回しして切り分けます。

切り分けたパスタをよくほぐしてできあがりです。

 

【まとめ】
製造過程をご覧いただけばわかるとおり、イタリア伝統の生パスタといって特別なことは何もないのです。イタリアで昔から食べられてきたマンマの味を忠実に守り、手作業で一つ一つ丁寧に打ち上げていく。その日の気温、湿度等による小麦の変化を手で感じ、微妙な材料の合わせ加減、コシを出すためのコネ加減、パスタ同士がくっつかないように乾燥加減を、肌で感じ愛情を持って作りだすことでおいしさを詰め込められるのだと思います。

【業務用について】
ご覧いただいたようにイルグラーノでは全ての生パスタを職人の手作業で製造しております。また完全無添加で、保存料、着色料は一切使用しておりませんので、大量生産大量消費物流になじむものではありません。
したがって、何でもご要望通りにとはいきませんが、私どもの生パスタを気に入っていただけるのであれば、できる限り努力し、製造させていただきますので、お気軽にご相談ください。
◆お問い合わせ先はコチラ⇒

Page Top

イタリア伝統の「生パスタ」お取り寄せはこちら